ホームくらし防災>木造住宅耐震診断費補助金交付制度

木造住宅耐震診断費補助金交付制度

最終更新日:2010年3月31日

 この制度は、地震に強い安全なまちづくりを目指すために、建築してから一定の期間を過ぎた木造個人住宅の「耐震診断」に要する経費の一部を町が補助するものです。「神奈川県木造住宅耐震診断講習会」を受講した「木造技術者」などの方に調査を行っていただき、町民の耐震対策を支援していきます。
 また、この耐震診断結果をもとに、住宅の耐震改修工事をお考えの方には、専門家による耐震補強設計を行うことをお勧めします。


対象建築物

 補助の対象は、次の条件をすべて満たすものとします。

建物 木造の個人住宅(自己用)であること。 (一部店舗等兼用の住宅、2世帯住宅は含みますが、ツーバイフォー住宅やアパート、長屋は対象外)
規模 2階建以下であること
建築時期 昭和56年5月31日までに建築確認を受けたもの。ただし昭和56年6月1日以降に増築されたものは対象外となります。

申込方法

 耐震診断を希望する方は、防災安全室(電話:85-5002)で事前相談の後、補助金交付申請を行ってください。
 相談の際、希望する建築物が補助の対象となるかなどをチェックしますので、住宅の建築年度、構造、規模などをお調べになり、建築確認通知書などの建築年度を証明できる書類をご持参ください。


補助金交付の流れ

  1. 事前相談
    建物の用途や構造が補助要件に適合しているかなどについては、防災安全室にご相談ください。

  2. 補助金交付申請
    補助の対象となった場合、診断希望者は補助の申請をしてください。
    ○申請に必要な書類(次のいずれか)
     ・建築確認通知書の写しなど
     ・その他、建築年度を証明できるもの

  3. 補助金交付決定通知
    申請の内容を審査し、補助金交付決定の通知をします。

  4. 診断技術者の紹介
    「神奈川県木造住宅耐震診断講習会」を受講した町内および近隣市町の「木造建築技術者」などを紹介しますので、選定し、診断実施日を決めてください。

  5. 耐震診断の実施
    耐震診断を実施し、診断技術者から「木造建築物耐震診断結果報告書」を受け取り、診断料を支払って領収書を受け取ってください。

  6. 診断結果の報告
    「木造建築物耐震診断結果報告書」と領収書を町へ提出してください。(この際、振込先の金融機関・支店名・口座番号などを確認しておいてください。)

  7. 補助金の支払い
    指定の口座に補助金をお支払いします。
    補助金の金額は、耐震診断に要する経費の3分の2までとし、20,000円を上限とします。

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
総務安全課・防災安全室
電話:0465-85-5002 FAX:0465-82-9965 メールでのお問い合わせはこちら