ホームくらし動物(ペットなど)について>特定外来生物について

特定外来生物について

最終更新日:2017年6月9日

生態系や人体、農林水産業に悪影響を与える恐れがある国外由来の生物は、2005年に施行された「特定外来生物被害防止法(特定外来生物による生態系等に係る被害の防止に関する法律)」に基づき、環境省が指定しています。
動物だけでなく、昆虫、植物、種子、卵なども含まれ、研究目的などで許可を得たものを除き、生きたままの運搬、保管や栽培、販売、譲渡、輸入、野外への放出は外来生物法により禁止され、違反者には懲役もしくは罰金が科せられます。

 

主な特定外来生物

アライグマ、カミツキガメ、ウシガエル、ブルーギル、ブラックバス(コクチバス・オオクチバス)、オオキンケイギクなど

 

関連リンク

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
生活環境課
電話:0465-85-5010 FAX:0465-82-3295 メールでのお問い合わせはこちら