ホームくらし消防・救急>消防団の活動

消防団の活動

最終更新日:2017年7月5日
地域の安全・安心を守るため、さまざまな訓練や行事を実施しています。


中継送水訓練

6月11日(日)午後、山田地内で中継送水訓練を実施しました。山林火災などの水利が乏しい状況を想定し、小田原市消防本部とホースを連結して実施しました。

活動の様子

自然水利(河川)から水を吸い上げます。

活動の様子

前後100m以上離れている中、各分団ホースを連結し送水します。

活動の様子

無事放水することができました。


普通救命講習会

6月11日(日)午前中、大井町総合体育館中剣道場にて普通救命講習会を実施しました。小田原市消防本部松田分署職員にご指導いただき、心配蘇生法やAEDの操作などの応急処置について学びました。

活動の様子

胸骨圧迫(心臓マッサージ)の訓練です。

活動の様子

AEDの取り扱い訓練です。訓練用の機材を使用して、パッドを貼る位置や操作手順を学びます。

 

 

水防演習

5月28日(日)に酒匂川スポーツ広場(小田原大橋上流の河川敷)で水防演習を開催し、台風などの風水害に備えて「鋼板積み土のう工」を実施しました。さまざまな災害に備え、消防団は訓練を実施しています。

活動の様子

鋼板をつなげて地面に打ち付けます。

活動の様子

裏に土のうを積み、鋼板で挟み込みます。

活動の様子

砂を敷き詰めてさらに強固にして完成です。

 

礼式訓練

4月22日(土)ポンプ性能検査後に引続き、消防訓練礼式を実施しました。全ての消防団員を対象に、役員(正副分団長)、新任団員、その他の団員と3班に分かれて、階級や経験などを考慮し訓練しました。災害現場では規律ある行動をとることが、町の安全・安心につながります。

活動の様子

小田原市消防本部松田分署の職員に、訓練の指導をしていただきました。

活動の様子

歩幅を合わせて行進訓練を行いました。

活動の様子

新任団員については、礼式のほかに、ホースなどの器具取り扱い訓練も行いました。

 

消防ポンプ性能検査

4月22日(土)に、各分団の消防ポンプの性能検査を行いました。今年度も三角土手(酒匂川と川音川の合流地点)で検査を行い、第2分団、第4分団、第6分団、第7分団および第8分団に配備されている小型動力ポンプ(可搬ポンプ)、第1分団、第3分団および第5分団に配備されている消防ポンプ自動車を検査しました。各分団では毎月点検・整備を行っています。今回の検査では全分団異常はありませんでした。

活動の様子

消防ポンプ自動車の放水圧力の測定検査です。適正な圧力が確保されていました。

活動の様子

小型動力ポンプの放水圧力の測定検査です。こちらも異常ありませんでした。

 

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
総務安全課・防災安全室
電話:0465-85-5002 FAX:0465-82-9965 メールでのお問い合わせはこちら