ホームくらし障がい者福祉>障がい者福祉サービス

障がい者福祉サービス

最終更新日:2017年4月1日

障害者総合支援法(自立支援給付など)

◇対象者 

身体障害手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳の交付を受けた方。
総合療育相談センター、児童相談所などで障がいがあると認められた方。指定の難病の方

◇費用
利用したサービスの費用の1割を利用者が負担します。(所得に応じて減免があります。)

◇申請先
介護福祉課 電話:0465-83-8011

◇サービス内容

  サービス 内 容
介護給付 居宅介護(ホームヘルプ) 自宅で、入浴や排せつ、食事などの介護を行います。
重度訪問介護 重度の肢体不自由者、その他の障がい者で常に介護を必要とする方に、入浴や排せつ、食事の介護、外出時の移動支援など総合的に行います。
同行援護 視覚障がいにより、移動が著しく困難な方に、外出時に同行し、移動の援護や必要な情報を提供するとともに、排せつや食事などの介護を行います。
行動援護 障がいにより、自分で判断することが困難な方が行動する時に、危険を回避するために必要な援護や外出時の移動支援を行います。
重度障害等包括支援 介護の必要性が著しく高い方に、居宅介護などの複数のサービスを包括的に行います。
短期入所(ショートステイ) 介護する方が病気の場合などに、短期間、施設に入所し、入浴や排せつ、食事の介護を行います。
療養介護 医療と常に介護を必要とする方に、医療機関で機能訓練や療養上の管理、看護、日常生活の介護を行います。
生活介護 常に介護が必要な方に、昼間、入浴や排せつ、食事の介護を行うとともに、創作活動などの機会を提供します。
施設入所支援
(障がい者支援施設での夜間ケア)
施設に入所している方に、夜間や休日、入浴や排せつ、食事の介護を行います。
訓練等給付 自立訓練(機能訓練・生活訓練) 自立した生活ができるよう、一定期間、身体機能または生活能力の向上のために必要な訓練を行います。
就労移行支援 企業などへ就労を希望する方に、一定期間、就労に必要な知識や能力の向上のために訓練を行います。
就労継続支援
(A型=雇用型・B型=非雇用型)
企業などでの就労が困難な方に、働く機会や生産活動の場を提供するとともに、知識や能力の向上のために必要な訓練を行います。
共同生活援助(グループホーム) 夜間や休日、共同生活を行う住居で、相談や日常生活上の援助を行います。必要に応じて、入浴や排せつ、食事の介護を行います。
地域生活支援事業 移動支援 外出時の移動が円滑にできるよう支援し、自立生活や社会参加を促進します。
日中一時支援 日中の活動の場を確保し、家族の就労支援や介護負担などの軽減を行います。


児童福祉法(障害児通所支援)

児童発達支援、医療型児童発達支援、放課後等デイサービス、保育所等訪問支援など、障がいのある児童や療育の必要がある児童に、年齢や障がい特性に応じた支援を行います。
※サービスの利用には、介護福祉課に申請し、支給決定を受ける必要があります。

 

大井町障がい者計画・障がい福祉計画

近年、私たちを取り巻く社会生活で福祉ニーズは複雑多様化していて、障がいのある人もない人も、ともにいきいきと生活できるまちづくりが求められています。
町では平成18年度に「大井町障害者計画」を策定し、障がいのある人の福祉向上に努めてきました。また、本町におけるサービス種類ごとの必要量の見込みと見込み量確保のための計画、「障害福祉計画」を推進してきました。
平成23年度には、 「大井町障害者計画」の計画期間の終了にあたり、障がい者を取り巻く社会情勢の変化に対応するとともに、より具体的で実効性のある施策を実施するため、「大井町障害者計画」の見直しを行い、障害者自立支援法(現 障害者総合支援法)に基づく「障害福祉計画」を盛り込んだ、「大井町障がい者計画・障がい福祉計画」を策定しました。
また、このたび平成27年度から平成29年度までの3か年を計画期間とする、「第4期大井町障がい福祉計画」を策定しました。

■計画の基本理念

  • 「互いに理解しあい 支えあうまちづくり」

障害者虐待防止法

平成24年10月から障害者虐待防止法が施行され、障がいのある方に対する虐待(身体的虐待・性的虐待・心理的虐待・介護や世話の放棄、放任・経済的虐待)を発見した人は、行政機関などに通報することが義務付けられました。
「虐待かもしれない」と思ったら、すぐに相談、通報してください。

 介護福祉課 電話:0465-83-8011

 

相談支援、地域活動支援センター

相談支援では、生活上の悩みや困っていることの相談、社会資源を利用する時のお手伝いを行います。
地域活動支援センターは、創作を中心としたプログラム活動や各種講座、イベントを開催。本人の希望に応じて参加できます。
また、仲間づくりやこころのサポートの場としてもご利用いただけます。

社会福祉法人明星会 相談支援センターりあん
 南足柄市塚原701-1 竹の子ビル 1階 
 電話:0465-20-5014
※毎月1回(原則第2火曜日の午後2時から午後4時)、大井町保健福祉センターで出張相談も行っています。

 

障害者就労・生活支援センター

障がいのある方の就職や生活の相談をお受けし、就労に向けた様々な支援を行っています。

社会福祉法人よるべ会 障害者支援センターぽけっと
 小田原市曽比1786-1 
 電話:0465-39-2007


まいらいふブック

「まいらいふブック」とは?
県西圏域障害者自立支援協議会で作成されたもので、障がいのある方が、成長・生活するうえで必要な細かな配慮や理解すべきことをまとめ、いつでも誰からでも同じ支援を受けることができ、安心して地域で生活していくための支援ツールです。
本人・家族が管理、記入して、成長や環境が変わった時に更新していくことで、各種機関での相談などの際に役に立ちます。

様式は社会福祉法人永耕会の専用ホームページからダウンロードできます。
詳しくはこちらへ(外部リンク)

県西圏域地域生活ナビゲーションセンター
 相談支援センターエール内
 電話:0465-46-8368

その他助成事業

詳細は、介護福祉課にお問い合わせください。

  • 重度障害者医療費助成
  • 自立支援医療(精神通院・更生医療・育成医療)
  • 重度障害者住宅設備改良費助成
  • 福祉タクシー利用助成及び自動車燃料費助成
  • 補装具費の支給
  • 日常生活用具給付
  • 手話通訳者派遣
  • 障害者施設通所交通費助成

※「用語解説」のリンクに関するご質問・ご要望のお問合せページ

このページに対するお問い合わせ
介護福祉課
電話:0465-83-8011 FAX:0465-83-8016 メールでのお問い合わせはこちら