ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新型コロナウイルス感染症関連情報 > 新型コロナウイルス感染症に関する大井町長メッセージ

新型コロナウイルス感染症に関する大井町長メッセージ

印刷用ページを表示する更新日:2021年3月8日更新
新型コロナウイルス感染症対策本部長

今月5日、国は、神奈川県を含む1都3県に発令していた緊急事態宣言を3月21日まで2週間延長しました。
皆さまのご協力のおかげで、全国的に新規感染者数は減少し、深刻だった病床使用率なども改善されてきました。
しかし、新規感染者数は下げ止まりの状況にあり、また変異株による感染の再拡大も懸念されるなど、油断できない状況が続いています。緊急事態宣言を期間内に終わらせ、宣言解除後のリバウンドを起こさせないためには、一人ひとりが今一度気を引き締め、感染症対策を徹底していくことが重要です。

一方、ワクチン接種に関しては、先月14日にファイザー社製ワクチンが薬事承認され、17日から医療従事者への先行接種が開始されました。
ワクチン接種は、先が見えないコロナ対策の希望の光であり、遅滞なく接種が進むことが望まれます。
現在、大井町は、足柄上地域の1市5町と連携し、ワクチン接種の実施方法について検討を行っています。
1市5町では、かかりつけの医療機関で接種を受ける個別接種と、市町が会場を設定して接種を実施する集団接種の二つの方法でワクチン接種を実施することとし、5町で実施する集団接種のメーン会場は大井町総合体育館に決まりました。
集団接種実施機関中は、体育館の利用が制限されることとなりますが、御理解くださいますようお願いします。
接種の詳細につきましては、接種券に同封する案内や広報等でお知らせしますのでご確認ください。

                                           令和3年3月8日

直筆サイン