ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 企画財政課 > 中間前払金制度の導入

中間前払金制度の導入

印刷用ページを表示する更新日:2017年10月23日更新

 大井町が発注する工事について、工事請負者の資金調達の円滑化を図るため、中間前払金制度を導入します。

中間前払金の概要

 当初の前払金に追加して、工事の中間段階で1,500万円を限度として、契約金額の10分の2以内の前払金を支払います。

中間前払金の対象となる工事

 対象となる工事は、契約金額が500万円以上の工事請負契約で、当初の前払金を利用しているものが対象となります。
(既に部分払いの支払いを受けた工事は対象になりません。)

中間前払金ができる要件

  • 工期の2分の1を経過していること。
  • 工程表により工期の2分の1を経過するまでに実施すべきものとされている当該工事に係る作業が行われていること。
  • 既に行われた当該工事に係る作業に要する経費が請負代金額の2分の1以上の額に相当するものであること。
    (出来高が50%以上であること。)

中間前払金の金額

 請負代金額の10分の2以内の額で請求できます。ただし、前払金と合算して6割を超えることはできません。

実施時期

 平成28年4月1日以降に公表した工事から適用します。

中間前払金の請求手続きの流れ・規程・要領

中間前払金に係る提出書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)