ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 税務課 > 令和3年 所得税・町県民税の確定申告相談会

令和3年 所得税・町県民税の確定申告相談会

印刷用ページを表示する更新日:2021年1月15日更新

※おしらせ1月15日号で申告相談会の日程を掲載しましたが、新型コロナウイルス感染症の影響で日程および会場が一部変更になりましたので、ご注意ください。
※例年実施しておりました「そうわ会館」での申告相談会については、新型コロナウイルス感染症対策のため、中止とさせていただきました。
※回覧でお知らせしました「税理士による確定申告相談会」は全日程、中止となりました。

所得税および町県民税は、国会や地方議会で定められた税法や税条例にもとづき、一人ひとりの日々の暮らしを支える社会全般の福祉の増進や公共サービスなどに必要な財源を、個人所得に応じて負担を求めるものです。
大井町では、正しい申告による正しい税負担の実現をめざし確定申告相談会を実施します。

日程

 
日程時間場所
2月16日(火曜日)~26日(金曜日)9時00分~11時00分
13時30分~16時00分
役場 3階会議室
28日(日曜日) / 休日申告相談会9時00分~11時00分
13時30分~15時00分
3月1日(月曜日)~10日(水曜日)9時00分~11時00分
13時30分~16時00分

※休日申告相談会以外の土日は休みになりますので、ご注意ください。

申告に必要なもの

  1. 印鑑
  2. 筆記用具
  3. マイナンバー確認書類および本人確認書類
  4. 扶養親族などの方のマイナンバーが分かるもの
  5. 収入が給与所得や公的年金などの方は、源泉徴収票
  6. 収入金額、必要経費、所得控除の分かるもの、前年の申告書の控えなど
  7. 障害者控除を受ける方は、障害者手帳、障害者控除対象者認定書など
  8. 医療費控除を受ける方は、明細書または医療費通知 ※詳細
  9. 国民年金(社会保険料控除)や生命保険料控除などの控除証明書
  10. 還付申告の方は、本人名義の口座番号が分かるもの
  11. 利用者識別番号等の通知(既に取得されている方)
  12. 税務署から送付される「確定申告のお知らせ」はがき

  その他、申告に必要な書類などは、税務課にお問い合わせください。

注意事項

  • 新型コロナウイルス感染症の影響により、申告相談会の日程等が変更になる場合があります。その際は、ホームページ等でお知らせしますのでご確認ください。
  • 新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、職員のマスク着用、手指の消毒、会場の換気を行います。来場される皆様におかれましては、当日来場される前に検温の実施をお願いします。熱があるなど、体調不良の症状が見られる場合には来場を控え、別の日程をご検討ください。なお、会場入口で検温を実施します。37.5度以上の発熱が認められる場合は、入場をお断りさせていただきますので、ご了承ください。
  • 会場の混雑状況によって、16時(休日相談会は15時)前でも受付を締め切る場合があります。
  • 会場にはマスク着用のうえご来場いただき、入口の手指消毒用アルコールで、消毒にご協力をお願いします。
  • 会場にて、申告される方に「健康状態申告書」をお渡しします。必要事項に、ご記入をお願いします。付き添いの方などで会場に滞在される方は、申告される方の「健康状態申告書」に氏名および当日の体温をご記入ください。
  • 会場内での密を避けるため、お待ちいただける人数を20人程度とさせていただきます。お座りになる場所がない場合は、「申告受付票」をお持ちになって会場外でお待ちください。
  • ご来場の際はできる限り少人数でお越しください。
  • 会場は定期的に換気しますので、暖かい格好でご来場ください。
  • 申告相談の受付は、8時30分からです。確定申告相談会開始後1週間、週初めは特に混み合いますので、ご注意ください。
  • 申告内容によっては、税務署での申告をお願いすることがあります。
  • 確定申告書、町県民税申告書が完成しており、提出のみの方は税務課の窓口でご提出いただけます。
  • 医療費控除の申告をされる方は、医療費通知をご用意いただくか、必ず事前に明細書を作成しておいてください。明細書ができていない場合、受付の順番が前後することがあります。
  • 役場税務課での申告書受付(提出のみ)は2月16日(火曜日)から3月12日(金曜日)17時15分までです。

以下に該当する方は、申告相談を受けられません

  • 土地・建物・株式などの譲渡所得がある方
  • 住宅借入金等特別控除を初めて受ける方
  • 青色申告の方、損失申告をされる方
  • 事業所得などで収支内訳書が書き終わっていない方

町の申告相談会場での電子申告推進について

令和2年の申告相談会より、申告書作成システムを利用して作成した確定申告書を、紙に印刷して提出するのではなく、e-Taxへのデータによる引継ぎを実施しております。ご利用いただくには、「利用者識別番号」を取得していただく必要がありますので、取得されていない方は申告相談の前に、利用者識別番号をお持ちでないことを職員にお伝えください。(あらかじめ国税庁のホームページで「利用者識別番号」を取得していただきますと、申告がスムーズにできますので、ご理解とご協力をお願いします。)

※「利用者識別番号」を取得する方は、英小文字と数字を含む8桁以上の暗証番号をご用意ください。
※既に「利用者識別番号」を取得している方は、「利用者識別番号等の通知」(e-Taxのための利用者識別番号を取得している方のみ)または税務署から送付される「確定申告のお知らせ」はがきなどをお持ちください。

確定申告での注意事項

  • 確定申告書第2表の「住民税に関する事項」欄は、町県民税の算定に必要な内容ですので、該当する項目がある方は漏れなく記入してください。記入がない場合、町県民税の課税計算に適用されませんので、ご注意ください。
    ※配当や株式譲渡所得のある方、ふるさと納税の寄附をした方などは、特に記入漏れにご注意ください。
    ※給与・公的年金以外の所得に係る町県民税の徴収方法を選択する方で、給与以外の所得の合計がマイナスになる場合等、併徴(「給与からの天引き(特別徴収)」と「自分で納付(普通徴収)」の両方で納める方法)することができない場合がありますので、ご了承ください。
  • 上場株式等に係る配当所得および譲渡所得について、所得税と住民税で異なる課税方式(申告不要、分離課税、総合課税)を選択する場合、住民税の納税通知書の送達前までに所得税申告書の控え(所得の内訳が分かるもの)を役場税務課にお持ちください。
    ※税務課に用意してあります「上場株式等の所得に関する住民税申告不要等申出書」に必要事項の記入をお願いします。
  • 所得金額調整控除の対象となる方は漏れなく記入してください。所得税の確定申告書および町県民税申告書には、それぞれ所得金額調整控除について記入する箇所があります。記入がない場合、控除を受けられなくなりますので、該当する方はご注意ください。
    ※所得金額調整控除の対象となる方は、こちら≪国税庁ホームページ≫<外部リンク>